お客様の声

コンビニの停電時に食材や飲料を冷やす為にドライアイスを購入されました。

計画停電時に食材や飲料を冷やす為にドライアイスを購入。

24時間営業のコンビニのお客様からのご注文でした。

計画停電があるらしく、半日くらい冷凍庫の電源が落ちるので、その間、ドライアイスで冷凍庫の中を保冷するそうです。

このように停電時は、ドライアイスを購入される方が多くいられます。

冷凍食品を解凍するわけにはいかないので、気を使われるみたいです。

停電や店舗のメンテナンスにドライアイスを購入される場合

停電のドライアイス

大きなショッピングモールやビルのテナント様、必見!!
閉店後、メンテナンスなどで停電なんてことありませんか?
冷蔵庫や冷凍庫などに入っている商品がダメになってはたいへんです。
こんな時ドライアイスが必要です。
24時間営業ですので、夜中でも対応可能です。(関西圏一部地域除く)
ドライアイスの数量等によって別途お見積りさせて頂きます。
是非、当社までお問い合せ下さい!

大型複合ショッピングモールが定期修理の為、全館の電気が二日間停電に!そのため施設内の飲食店十数店舗の冷凍庫が一気にストップ!各店舗に30~40キロのドライアイスを1度に納品。合計約500キロを納品しました。

詳しくは ☟ コチラをご覧ください。

停電時に知っておきたいドライアイスの活用方法

停電時や故障時に冷凍庫の中の食材を保管する時によくドライアイスが使用されます。
特に店舗の業務用の冷凍庫の場合は、中の食材を絶対に傷める事ができないので大量のドライアイスを使用します。

(有)ユウキでは、24時間年中無休でドライアイスを配達しています。(関西圏のみ自社便での配送)
冷凍庫が故障したので、緊急に配送して下さいと言う依頼がよくきます。
「どれくらいのドライアイスが必要ですか?」と言う質問が一番多いので目安数量を掲載しておきます。
参考にして下さい。

【目安の数量】
20ℓくらいの大きさの冷凍庫の中を24時間冷やす場合は、約10Kgのドライアイスが必要
40ℓくらいの大きさの冷凍庫の中を24時間冷やす場合は、約16Kgのドライアイスが必要
80ℓくらいの大きさの冷凍庫の中を24時間冷やす場合は、約25Kgのドライアイスが必要

効率的に冷凍庫を冷やすには!
ドライアイスは冷気によって物を冷やします。
この冷気は空気より比重が重いので、出来るだけドライアイスを上に置くようにして下さい。
冷気が下に降りて、下の食材を効率よく冷やす事ができます。
是非、停電などの際にはご参考下さい。

 
緊急にドライアイスが必要な方!!
ドライアイスの事なら何でもお聞き下さい。
年中無休熱血営業中!!

   

関連するページ

ページ上部へ戻る