お客様の声

ファミリーレストランの冷凍庫が壊れてしまって、ドライアイスを購入されました。

『ファミリーレストランの冷凍庫が故障!ドライアイスを購入されました。』

堺市のファミリーレストランで冷凍庫が壊れたみたいでドライアイスを配達しました。

業務用の冷凍庫は一度壊れたら中々修理できないらしく、店長さんも困っておられました。

年末ですので、なかなか修理に来てもらえないみたいです。

業務用の冷凍庫が壊れた場合は、みなさん修理が終わるまではドライアイスで応急処置されます。

中の食材が傷んでしまったら営業出来なくなったしまうので、大変です。

今回のファミリーレストランは24時間営業なので、一番気を遣うかもしれません。

ドライアイスは、飲食店様やスーパーマーケット様など、停電や急なトラブルから冷凍食品を守ります!!

(有)ユウキは、関西圏は24時間365日対応で即日配送を行っております!!

トラブルによる冷凍庫の代役に、ドライアイスをお届け致します!!

保冷用BOXのご用意もしておりますので『もしも!!』の時はお気軽にご連絡下さい!!

急な停電や店舗のメンテナンスにドライアイスをご活用下さい。

大きなショッピングモールやビルのテナント様、必見!!

閉店後、メンテナンスなどで停電なんてことありませんか?

冷蔵庫や冷凍庫などに入っている商品がダメになってはたいへんです。

こんな時ドライアイスが必要です。

24時間営業ですので、夜中でも対応可能です。(関西圏一部地域除く)

ドライアイスの数量等によって別途お見積りさせて頂きます。

詳しくは ☟ コチラをご覧ください。

 

『ドライアイスの形状はどんなのがあるのでしょう?』

ドライアイスブロック型 ドライアイススライス型 ドライアイスペレット型
ブロック型 スライス型 ペレット型

ドライアイスはブロック型の方が、溶けにくく長時間にわたって利用することが可能です。しかし、利用する際にハンマーなどで小さく割って使う必要があります。

逆に、スライス型やペレット型などは、ブロック型に比べて短時間ではありますが、より急速に冷やす事が可能です。

業務用の冷凍庫が壊れた場合は、2.5kgの塊を持って行く事が多いです。

ご参考までに。
 

『余ったドライアイスの処理方法は?』

余ったドライアイスはどうしたらいいの?

このような質問もよく聞かれます。

ドライアイスは二酸化炭素の塊です。

温度が約-79℃と非常に冷たいため、取り扱いに注意が必要です。

一番安全で無難なのは、『風通しの良い場所で放置して、自然消滅させる』これが一番!!

放置するよりも早く処分したい場合は、水やお湯の中に入れるとすぐに処分できます。

注意として、絶対に素手でドライアイスを触らないようにして下さい。

低温火傷してします恐れがあります。

『ドライアイスの価格は?』

一番よく聞かれるご質問です。

一般的にドライアイスはなかなか馴染みがなくて価格のイメージがないと思います。

下の表が大阪近郊の配送の価格です。

送料込みの金額になっています。

自社便での配送(大阪近郊)

24時間365日、年中無休で配送いたします。ドライアイス5キロ以上より配送可能です。
自社便ですので、ある程度の時間指定が出来ます。
冷凍庫が壊れた、可愛がっていたペットが亡くなったなど、緊急の場合にご利用下さい。

業務用ドライアイス販売

価格表一覧(自社便での配送の場合)

ドライアイス数量
大阪市内
大阪府内
大阪府外
5kg
4,000円
4,500円~
5,500円~
10kg
5,500円
6,000円~
7,000円~
20kg
7,500円
8,000円~
9,000円~
50kg
16,500円
17,000円~
18,000円~
80kg
25,500円
26,000円~
27,000円~
100kg
26,000円
27,000円~
28,000円~
ドライアイス数量
大阪市内
大阪府内
大阪府外

※ 価格は全て税抜価格で表示しております。
※ 配送料は上記金額に含まれております。
※ 夜間(18時以降)は上記金額に別途夜間料金の500円がかかります。

 
緊急にドライアイスがご必要な方! ドライアイスのことなら、なんでもお聞きください!!
年中無休熱血営業中!!

   

関連するページ

           
ページ上部へ戻る