舞台の撮影、演出に

ウェディングのサービスも行っているフレンチレストランさまが、婚礼料理の演出用にドライアイスを購入されました。

これまでにも何度かご購入いただいているフレンチレストランさまに、ドライアイスを納品いたしました。

こちらのレストランではウェディングのサービスも行われており、今回は婚礼料理の演出用に弊社のドライアイスをご使用いただけるとのこと。

スライス型のものを計5キロ、自社便にて対応させていただきました。

ご注文ありがとうございました。
 

ドライアイスの煙って?

ドライアイスは、特殊な装置を用いて二酸化炭素に圧力をかけ、冷却して固体化したものです。なので、白い煙のように見えているのは、ドライアイスが溶けて出てきた二酸化炭素!! ……ではなく、実は「水」です。

ドライアイスの温度は、-78.5℃です。水が凍るのは0℃なので、ドライアイスは氷よりずっと低い温度です。コップの水にドライアイスを入れると、水の中に出来た二酸化炭素の泡に、モクモクと白い煙が見えます。この煙は、コップの水がドライアイスで冷やされて、小さな氷や水になったものなのです。ちなみに、コップにお湯を入れてドライアイスを入れると、温度差が水よりも大きいため、より激しく煙が出ます。ステージでの演出やイベントなどで使用されるドライアイスの煙は、これを利用して作られています。
 
また、ドライアイスを空気中に置くと、白い煙が見えます。これは、空気中の水蒸気がドライアイスに冷やされて、氷や水の粒になったものです。少し経つと消えて見えなくなってしまうのは、氷や水の粒が水蒸気に戻るからです。


 
 
 
 
 

ドライアイスはどのような時に必要で、どのくらい必要なのでしょうか? それぞれのケース毎に目安の数量を表示しておりますので、ご参考ください。
 

Case1:ペットが亡くなってしまった

Q.ペットのワンちゃんが亡くなってしまいました。火葬するまでの間、部屋で遺体を保管しておきたいのですが、どのくらいのドライアイスが必要ですか?

用途

保冷時間

大きさ

目安数量

ペットの遺体保存

2~3時間

小型

2kg

2~3時間

中型

5kg

2~3時間

大型

5kg~

6~8時間

小型

5kg

6~8時間

中型

5kg~

6~8時間

大型

8kg~

20~24時間

小型

5kg~

20~24時間

中型

8kg~

20~24時間

大型

10kg~

ペット用のお棺に入っている場合や、安置している部屋に冷暖房が入ってる場合などによってドライアイスの溶け具合が変わります。
 

Case2:冷凍庫が故障(または停電)した

Q.家の冷凍庫が壊れてしまいました。このままでは冷凍庫の中身が腐ってしまいます。冷凍庫が直るまで保管するには、どのくらいのドライアイスが必要ですか?

用途

保冷時間

大きさ

目安数量

冷蔵庫内を冷やす

2~3時間

冷蔵庫20ℓ

2kg

2~3時間

冷蔵庫40ℓ

5kg

2~3時間

冷蔵庫80ℓ

8kg~

6~8時間

冷蔵庫20ℓ

8kg

6~8時間

冷蔵庫40ℓ

10kg~

6~8時間

冷蔵庫80ℓ

15kg~

20~24時間

冷蔵庫20ℓ

10kg~

20~24時間

冷蔵庫40ℓ

15kg~

20~24時間

冷蔵庫80ℓ

25kg~

業務用の冷凍庫の場合、ドライアイスを冷やしたい食材の少し上に置くようにしてください。ドライアイスは、白い煙の冷気によって物を冷やします。この冷気は、空気より比重が重いので上から下りていきます。
 

Case3:目的地まで飲み物を冷たく冷やしたい

Q.今度、家族でキャンプに行きます。キャンプ場まで食品や飲み物を冷やして持って行きたいのですが、どのくらいのドライアイスが必要ですか?

用途

保冷時間

大きさ

目安数量

食品や飲料を冷やす

2~3時間

クーラーBox(中)

5kg~

2~3時間

クーラーBox(大)

8kg~

6~8時間

クーラーBox(中)

8kg~

6~8時間

クーラーBox(大)

10kg~

20~24時間

クーラーBox(中)

10kg~

20~24時間

クーラーBox(大)

12kg~

食品や飲み物にドライアイスを直接当てると凍りすぎてしまいます。タオルなどにドライアイスを包んで冷やすことをお勧めします。
 

Case4:イベントで白煙を使って演出したい

Q.今度、学校の学園祭があります。その時のイベントで白煙を使って演出しようと思っています。スモークを煙のように出すには、どのくらいのドライアイスが必要ですか?

用途

演出方法

演出規模

目安数量

スモーク演出

足元全体

学校の教室

10kg~

足元全体

舞台全体

25kg~

噴きあがるくらい

舞台全体

80kg~

狭い空間での大量のドライアイスの使用は注意してください。ドライアイスが昇華し二酸化炭素の気体になった場合は足元に滞留しやすくなり、窒息あるいは酸欠による事故の危険性があります。室内の場合は閉め切らずに通気や換気を行うようにしてください。

   

関連するページ

           
ページ上部へ戻る